pagetop

太陽光発電システム O&Mサービス

NEWS HEADLINENEWS HEADLINEMORE

発電施設の運転管理・保守点検を、
株式会社アイテムが発電効率を高めながらご提供します。

私たちの保守管理力は、ドローンや赤外線カメラなど先端技術をも採り入れることにより、
JPEAやJEMAのガイドラインを遵守した精度の高い点検を実施。状況の「見える化」を実現しています。

こんなことないですか?

  • 発電量が下がっている
    発電量が
    下がっている
  • 売電収入がシミュレーションと違う
    売電収入が
    シミュレーションと違う
  • 災害時の発電所が不安
    災害時の
    発電所が不安
  • 発電が止まっていたことがある
    発電が
    止まっていたことがある
リスクに負けない太陽光発電所へ
太陽光発電所には、太陽光パネル表面の低下や、ホットスポットと呼ばれる異常高温におるパネル部分破損など、
自然環境を中心としたリスクが存在し、それらを無視することはできません。
また、マスコミにもたびたび報じられているように、電線ケーブルなど、発電設備の盗難というリスクにもさらされています。
売電事業のリスクを回避し安全に運用するためには、
発電状況を監視し、保守メンテナンスを
行うことがとても大切です。

豊富なメニューとプランで発電効率を高めます。

アイテムならマルチベンダーとして、最適最善のシステム構成を考えながら、
価格の抑制と機能の充足を達成することができます。
お気軽にお問合せください。
改正FIT法が要求する対応 アイテムO&Mサービスメニュー
●・・・遵守項目 ▲・・・推奨項目
事業計画の作成・提出と標識掲示 事業計画書の作成・提出と標識の作成・掲示

●事業計画書の作成・提出

●改正FIT法の認定を受けたとみなされた日から
1年以内の標識掲示

●改正FIT法による事業計画書の提出

●標識の作成・及び掲示

経産大臣への報告 経産大臣への年報報告

●経済産業大臣へ発電事業の正確な情報提供

●経産省への報告(年1回毎)

発電設備の保守管理体制の整備と実施 自主点検

●保守点検、維持管理に係わる実施計画の策定
及び体制の構築

●発電設備の異常事態対応への実施体制の構築

●発電設備破損、事故時の原因究明と再発防止

●設備全体点検(受変電設備以外)
パネル洗浄・ドローンのよる赤外線カメラ撮影

その他の事項 その他の事項

▲自然災害時における発電設備の確認

▲発電電力量の低下や不慮の運転停止の未然防止

▲発電性能の維持に際し地域住民や周辺地域に
影響を与えない

●保安規定を踏まえた保守点検及び維持管理計画

▲緊急応動

主任技術者対応範囲外の緊急対応
発電不良・PCS異常・計測装置不具合等のサイト異常の初期対応及びサイト復旧

▲発電量監視

発電量計測、異常検出。既存の計測装置を利用

▲ネットワークカメラ

▲除草作業

– 法定点検

※お客様ご自身で遵守頂く項目となります。
受変電設備点検(高圧のみ)
  • 発電量遠隔監視現地状況遠隔監視
    発電量遠隔監視
    現地状況遠隔監視
  • 設備定期点検ドローン点検受変電設備点検
    設備定期点検
    ドローン点検
    受変電設備点検
  • パネル洗浄除草作業
    パネル洗浄
    除草作業
  • 定期報告損害保険対応
    定期報告
    損害保険対応
  • 緊急現地対応改修などのご提案
    緊急現地対応
    改修などのご提案
豊富なメニューとプランで発電効率を高めます。豊富なメニューとプランで発電効率を高めます。

お申込みから対応開始まで

お申込みから対応開始までお申込みから対応開始まで
フリーダイアル:0120-117-751
東京支部 営業部: 
TEL 03-6426-0011 / FAX 03-6426-0022
中部支部 営業部: 
TEL 052-324-8100 / FAX 052-324-8110
西日本支部 営業部:
TEL 06-6535-1120 / FAX 06-6535-1125
※同業者・個人の方のお問い合わせはご遠慮ください。